岩井澤健治の挑戦。それは初の自主制作長編アニメ映画

岩井澤健治(げってん映画計画のメンバー)は、この4年間、時間のほとんどを自主制作長編アニメ映画「音楽」の制作に充ててきた。彼が以前に取り組んだ短編映画用のアニメーション制作にヒントを得て、「ロトスコープ」という手法で約70分の長編アニメーションに取り組むことを決定し、コツコツと作業を進めていたのだ。立ち上がり時には仕事仲間であるプロデューサーからの出資を得て、また、文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業による資金提供を受けながらも決して充分ではない制作資金(Tシャツを中心としたグッズの収益や、彼自身の持ち出しも含む)でなんとか制作継続してきた。

監督:岩井澤健治インタビュー

原作者:大橋裕之 x 監督:岩井澤健治 対談

素材用撮影 2016/07/10YODA3485
素材用撮影 2016/07/10YODA34852
素材用撮影 2016/07/10


原作は大橋裕之氏が描くロック奇譚「音楽と漫画」

・「そこらへんのロックフェスなんかより、よっぽどロック! 高度に計算されているはずなのに、敷居だけはとことん低い感じが大好きです」 BOSE(スチャダラパー)
・「へロッとした線で平気でフトコロにジャブをかましてくる大橋さんの漫画がちょっと、いや、けっこうにくたらしいです」 渡辺ペコ(漫画家)
・「砂嵐が通った、その後のような劇的な面白さです」 トクマルシューゴ(ミュージシャン)
・「最低限の線に込められたいいかげんと『これしかない』が同居する、まさに『漫画』でしか表現しえないおはなし!」 松江哲明(ドキュメンタリー作家)

510N1JSbEZL._SX346_BO1,204,203,200_


「チームげってん」が、岩井澤の"げってん"をサポート!

岩井澤健治も所属している「げってん映画制作」チームの始まりは、総合プロデューサー迫田の「げってん」である... ちなみに「げってん」とは、彼の生まれ故郷の北九州の炭坑町の方言で「頑固なふるまい」「きかんぼう」「癇癪をおこす」の意味...アートに対して、またアーティストに対して、徹底的に「純=ピュア」である事を厳しく求める迫田の、表現者への厳しさと愛情が、強い焼酎が引き金となったのかマグマのように吹き出したのだ。「本当に面白い映画をつくろうぜ」。酔っぱらいの戯言か…しかし、なんとみんなが本気で乗って来たのだ。そして「げってん映画制作」チームが出来た。 みんなが試行錯誤を始めた中、チームメンバーの岩井澤 健治が、独自に取り組んでいた自主製作長編アニメーション映画「音楽」へのサポート依頼が、2016年3月に迫田プロデューサーに届く。「岩井澤の全面サポートをチームげってんとして取り組もう!」迫田の言葉にチーム全員が同意。ラストスパートへ向けて協力していくことが決まったのである

Profile

岩井澤健治
1981年東京都生まれ。高校卒業後、石井輝男監督に師事、
実写映画の現場から映像制作を始め、その傍らアニメーション制作を始める。
2008年に初のアニメーション作品「福来町、トンネル路地の男」が完成。
以後、アニメーションを中心とした短編映画を制作し、
2012年より自主制作の長編アニメーション映画「音楽」を制作中。
制作費はTシャツを中心としたグッズの収益で運営。http://ongaku.theshop.jp


監督の拘り01:自主制作長編アニメ
彼の知る限りでは長編アニメ映画は数あれど、このような小規模で省コストな体制の自主制作で70分を超えるアニメーション映画はいままで存在しないと捉えている。このプロジェクトを完成に持っていくことで、今後の映画づくりの可能性を広げるはずだ。
YODA3485
監督の拘り02:ロトスコープ
実写の動きをトレースすることで、アニメーションの動きがよりリアルになってくる。また、作業スピードも速い。ライブシーンを実写するため、実際に観客を集めて野外ライブを開催した。すべては、このロトスコープを貫くためだ。
YODA34852
監督の拘り03:完全独立制作
制作の内容や方向、ディティールに至るまですべて、誰にも干渉されずに納得のいく進行をするには、完全独立しかない...という判断になる。制作資金確保の手段として応募した「平成27年度文化庁メディア芸術クリエイター育成支援事業」の対象に選ばれた。
YODA34852

Our Portfolio

70分の長編アニメに取り組んでいるとは、想像がつきにくいシンプルな作業場と機材。
しかし、制作工程はもうロードマップの70%近くまで進んでいる。
様々な紆余曲折の4年間を経て、最後のラストスパートを"静かに"きったところだ。
2016年4月時点でのPortfolio

More info

「げってん映画制作」とは?

いまでこそある意味市民権を得ているクラウドファウンディングの発想で、新しい体制で制作者サイドの意図(通常、ここは制作委員会などスポンサーの力が強く、妥協を強いられてきた)をキープできるような協賛者集めと制作を行うべく、集まったチームである。映画の制作を計画しているが諸事情により、現在は保留。各チームメンバーの活動のサポートが主な役割である。2011年結成当時の詳細はこちら

この映画の権利関係

自主制作長編アニメーション映画「音楽」の権利については、現在、岩井澤監督率いる「音楽」制作チームが所有している。制作費はTシャツを中心としたグッズの収益で運営され、その他、個人からの出資や、文化庁からの助成金も受けているが、どれもその見返りに何がしかの権利関係を譲るものではない。ちろんサポートする「げってん映画制作」も同様である。この映画は誰からの制約も受けずに岩井澤の拘りで貫かれる。

ラストスパートのサポート

実際のところ、4年間の制作活動で制作資金は枯渇してきている。そのため残り1年ほどの制作を実行できる資金の調達が必要となる。そうすれば、スタッフの充実もはかれ、また制作スピードもアップしてくる。げってん映画制作チームは多角的に岩井澤のラストスパートをサポートしていく。


ongakuT01

「音楽」グッズ販売

昨今はクラウドファンディングで制作費を得る方法が多く取られていますが、「音楽」ではTシャツを中心としたグッズの収益から主に制作費を得ています。 グッズ製作、販売も岩井澤健治が中心となり映画制作と並行して行っています。売上は完成への大きな後押しとなります。 販売サイトはhttp://ongaku.theshop.jp/

「音楽」Tシャツ 新作コレクション

YODA8007 YODA7783 YODA7924 YODA7655 YODA7862 YODA7762 YODA7719

"YAMA" Tシャツ(ホワイト)

劇中で太田が着用する”YAMA”Tシャツです! デザインは今回モデルにもなっている原作者の大橋裕之によるものです! デザイン/大橋裕之
販売サイトはhttp://ongaku.theshop.jp/

YODA7535

古美術 Tシャツ(チャコール/ホワイト)

劇中に登場するバンド古美術のリーダー森田のロックTシャツです!映画では原作以上にフューチャーされる森田の魂の叫びを再現しています! イラスト/大橋裕之
販売サイトはhttp://ongaku.theshop.jp/

YODA7535

session Tシャツ(ホワイト)

ミュージシャン「スカート」MVアニメーションを制作しているqueによるオリジナルTシャツです。 queは「音楽」作画スタッフとしても参加しており、音楽をテーマに今までとは違うアプローチで製作されたTシャツです。 イラスト/que
販売サイトはhttp://ongaku.theshop.jp/

YODA7535

fes Tシャツ(ヘザーベージュ)

2015年9月に実際に開催された坂本町ロックフェス記念Tシャツです! 当日会場でのみ販売されましたが今回通販部で限定数販売します!
イラスト/大橋裕之
販売サイトはhttp://ongaku.theshop.jp/

YODA7535